TAKEUCHIのひと TAKEUCHIのものづくりを支える
熱い魂がTAKEUCHIを語る

  • 先輩が語る「経営管理」の仕事
  • TAKEUCHIの中枢を担う
    誇りを持って。
  • 経営管理 T.S.
    経営管理部 経営企画課勤務
    2017年中途入社

  • Profile Schedule
「外」を知っているからこそ
TAKEUCHIに新たな光を当てられる
大学卒業後、長野県内に拠点のあるグローバル企業で財務・経理系のキャリアを積んでいました。仕事は充実していたのですが、会社から東京への転勤を打診されて。今後、東京だけでなく海外転勤もあり得るという状況の中で、これから先の自分の人生や家族のことを考えた時、「やっぱり長野県で暮らしたい」という思いが強くなったんですね。自分が自然豊かな長野でのびのびと育ったので、子どもたちも良い環境で育てたいという思いもありました。それで思い切って、TAKEUCHIに転職することを決意したんです。
「経営管理」は、会社の過去、今、そして未来のTAKEUCHIを可視化する重要な役割を担っています。経営企画課の半分以上は中途採用。みんながそれぞれキャリアを持って集まっているので、刺激がありますね。他の会社を知っているからこそ、新たな視点でTAKEUCHIの良さや改善すべき点に気付くことができます。
自分自身を信じることで
自分らしく、成長していきたい。
現在は経営企画課で、主に子会社の業績分析、予算編成などの管理を中心に行っています。海外にある子会社の管理は入社9ヶ月ほどで任されたのですが、まだTAKEUCHIがこれまで培ってきたマネジメントの手法を把握しきれていなかったので、自分の考えに自信が持てずに迷うことも多かったですね。疑問に思うことがあっても文化や考え方の違いから、現地の責任者とうまくコミュニケーションがとれないこともありました。それでも、上司や先輩に助けられながら、自分が納得できない部分はとことん突き詰めて相手と向き合い、自分の考えをしっかり持って自分らしく対応していこうと思い切れたことで、TAKEUCHIの社員としてひとつ成長できたように思います。
そんな中、自分が提案したことで「業務が改善できた」と子会社の現地スタッフから感謝されたときは本当に嬉しかったですね。今は、子会社の意思決定プロセスを改善するべく、規程の整備に着手しています。これからも、会社経営の中枢となる部分を任されていることに誇りを持ち、一つひとつの仕事に取り組んでいきたいと思います。
Profile

経営管理 T.S.
経営管理部 経営企画課勤務
2007年新卒入社

自分の長所自分が納得・理解するまで調べるところ
自分の短所じっくり考えるほうなので瞬発力に欠ける、考えすぎる
座右の銘備えあれば憂い無し
趣味または特技スノーボード、バスケットボール観戦
休日の過ごし方家族と過ごしています
Schedule
6:00起床
7:20出勤
7:45会社着
8:00メールチェック・返信、週報チェック
10:00稟議書の受付、内容確認
11:00子会社月次報告の内容確認
12:00昼食
14:00業績報告の確認会議
15:00稟議回覧及び説明
17:00退出

インタビュートップにもどる
ページの先頭へ