TAKEUCHIのひと TAKEUCHIのものづくりを支える
熱い魂がTAKEUCHIを語る

  • 先輩が語る「組立」の仕事
  • 生産重視、品質重視は当然のこと
    今のTAKEUCHIは
    「人」重視企業に
  • 組立 T.T.
    本社第二工場 組立二課 勤務
    2004年中途入社

  • Profile Schedule
実直に取り組んだ日々が
今の「自分」をつくりあげた。
大学を卒業して2年ほど千葉で仕事をしていたのですが、父が体調を崩したこともあり長野に戻ってきました。TAKEUCHIは、実は兄が働いているんです。兄を通じて会社のことはよく知っていたので、入社前から親しみを感じていました。
組立課に配属となり先輩から指導を受けたのですが、単に作業工程を教えられるだけでなく、どうすれば手際よく作業を進められるかまで指導してもらえたのは本当にありがたかったですね。
ただ、とにかく機種が多いので覚えることも多くて、最初はラインの速さについていけず本当に大変でした。それでも自分なりに工具や部品の置き場所を工夫したりと、どうやったら時間内に効率よく組立ができるか、日々、検証しながら実直に仕事に取り組みました。組立精度や作業時間を改善する、その小さな積み重ねの一つひとつが自信に繋がり、今の「自分」を作り上げていると思います。
「個」が「個」の力だけでなく
チームとして力を発揮するために。
現在は、第二工場の組立二課で「フリーマン」として工程全体を見ています。部署には数名のフリーマンが存在しており、それぞれに欠勤対応や遅れている工程へサポートに入り、遅れを取り戻すリリーフ役を担っています。
「フリーマン」というポジションは、私が入社した当時はなかったんです。それぞれが「個」の力を発揮していましたが、悪くいえば自分の工程しか見ていなかった。そういう意味でも、「個」が「個」の力だけでなく、チームとして力を発揮するための潤滑油として、フリーマンはとてもよいシステムだと思います。当時からTAKUCHIは、生産重視、品質重視の会社だったように思いますが、今はそれにプラスして、「人」も重視する会社になったと感じています。
今は通常の業務にプラスして、これまで手作業で行っていたボルト配膳の一部を自動化するという大きな改善に向けて取り組んでいます。これまで経験したことがないことなので勉強の毎日ですが、新たな刺激に苦しみつつ楽しんでいます。
Profile

組立 T.T.
本社第二工場 組立二課 勤務
2004年中途入社

自分の長所落ち着いて作業ができる(マイペース)
自分の短所ひとつのことに集中してしまう
座右の銘安全第一
仕事のポリシー無理しない
趣味または特技バスケットボール
休日の過ごし方子どもと遊ぶ
Schedule
4:45起床                                    
6:50出勤
7:30会社着
8:00リリーフ
12:00昼食
12:45リリーフ
15:10直し作業等
19:10退出

インタビュートップにもどる
ページの先頭へ