TAKEUCHIのひと TAKEUCHIのものづくりを支える
熱い魂がTAKEUCHIを語る

  • 先輩が語る「組立」の仕事
  • 個としてのスキルアップ
    チームとしてのレベルアップを
    追求し続ける。
  • 組立 K.S.
    本社第三工場 組立三課 勤務
    2014年新卒入社

  • Profile Schedule
自分のやる気に火をつけた
先輩のひとこと。
生まれて初めて、大きな油圧ショベルやクローラーローダーが組み立てられていくのを目の当たりにしたとき、「こんなでかいモノが人の手で作られているんだ」ということに、驚愕したことを今でもよく覚えています。
配属されていざ自分でやってみると、決められた時間内に多くの作業を行わなければならないため、覚えるまではとにかく必死でしたね。ただ、覚えるのが比較的早かったこともあって、ややもすれば単調になりがちな作業に腐りかけたこともあったんです。そんな時、先輩に「頑張っている奴は応援するけど、そうじゃないなら任せられない」と言われて。もともと負けず嫌いなところもあったので、その言葉で自分の中に火がついて、そこからは自分の担当分はもちろん、前後の工程も手伝えるよう自分で自分をスキルアップしていきました。
最近では後輩に教えることも多いのですが、やっぱり着目するのは「頑張っているかどうか」ということ。頑張っている人が失敗しても、誰も怒らないですよね。できるだけフォローし、教えようと思う。あの時の先輩の言葉は間違っていなかったなと改めて思います。
フリーマンになって
初めて見えてきたことがある。
現在は、第三工場で「フリーマン」というポジションについています。フリーマンは自分の担当する工程を持たないかわりに、すべての工程にヘルプで入っていくので、各工程に精通していなければ対応はできません。自分はまだそこまで到達していませんが、このチャンスを活かして、建機の組立工程のエキスパートになりたいと思っています。
また、フリーマンとして全工程を見るようになって、改めてチームワークの重要性を感じています。組立は工程ごとに時間が定められていて、どこかが遅れると、結果として全体が遅れることに繋がります。「自分の担当分はできたからいい」ではなく、「あそこでタイムロスしているからこうしよう」と皆が考え、全員が自然にフォローに入るような、そんなチームになれたらベストだと思っています。
そのためにも、まずは自ら広い視点で考え、判断する力を身に付けて、後輩たちが仕事で悩んだときにまず相談してもらえるような存在になりたいと思います。
Profile

組立 K.S.
本社第三工場 組立三課 勤務
2014年新卒入社

自分の長所気合が入っている
自分の短所整理整頓が苦手
座右の銘何事も前向きに
仕事のポリシープロ意識
趣味または特技太鼓の達人が無駄にうまい
休日の過ごし方ごろごろしている
Schedule
6:00起床。ぼーっとしながらコーヒーを飲んでいます
7:00出勤
7:30会社着
8:00ライン作業のリリーフ
12:15昼食。愛妻弁当をありがたく食べています
13:00ライン作業のリリーフ
18:30退出。日に応じて残業が1~2時間程度

インタビュートップにもどる
ページの先頭へ