TAKEUCHIのひと TAKEUCHIのもの作りを支える
熱い魂がTAKEUCHIを語る

  • 先輩が語る「営業」の仕事
  • 「ロジックを大切にする」
    仕事のポリシーは渡米して培われたもの。
  • 営業 T.A.
    営業部 営業課勤務
    2005年入社

  • Profile Schedule
「ロジックを大切にする」
仕事におけるポリシーはアメリカでの経験があったからこそ。
入社してから今年でちょうど10年、振り返ってみるとあっという間でした。私は大学卒業後にカナダへ留学したのですが、その経験を活かして海外でも働ける仕事を・・と職探しをしている中で出会ったのがTAKEUCHIでした。
10年間のほとんどを営業畑で過ごしてきましたが、中でも駐在員として赴いたTAKEUCHI US(アメリカ)での4年間の経験は大変貴重なもの。国内の営業とは全く勝手が違ううえ、先輩や前職の社員もいなかったため最初は試行錯誤の連続でしたね。
トップが戦略を決め、部下は戦術を立てて実行するというのが普通の営業業務。ですが、戦略から戦術までロジカルに考えて説得、交渉に当たらないと海外では通用しません。新規顧客の開拓だけでなく、既に取引のあるお客様のサポートなども自分で一から考えて実行する、そうした経験を積んできたからこそビジネスにおいては何よりロジックを大切にするという私のポリシーは培われたのだと思います。
海外のお客様が相手となると営業というより“貿易”。
まだまだ挑戦したいことはいっぱいあります。
アメリカはもとより各国で高い評価を得ているTAKEUCHI・ブランド。海外営業は単に受注を請けて製品を売るというだけでなく、ディーラーやその先のユーザーにまで関わる包括的な対応が求められます。もちろん、製品の輸出にも直結しますから、やっていることはまさに“貿易”。世界を相手に仕事をしていると実感できる現場です。
自分もそうでしたが、入社早々「えっ、こんなことまでやるの!?」と戸惑う場面がいくたびもありました。TAKEUCHIはそれだけ他の企業に比べて早い段階から幅広い業務に携われるということ。少々面食らうかもしれませんが、新入社員の人はそれを前向きにとらえていろいろなことにチャレンジしてほしいですね。
実は、私にもまだまだいっぱいやってみたいことがあります。まずそのためには、やりたいことをやれる環境やシステムを作らないと。TAKEUCHIなら、それができると確信しています。
Profile

営業 T.A.
営業部 営業課勤務
2005年入社

自分の長所信念に基づき、誰であろうとはっきりと意見を言う
自分の短所何でも仕事を引き受けてしまうところ
座右の銘確乎不動
仕事のポリシーロジックを大切にする
趣味または特技サッカー、映画鑑賞
休日の過ごし方散歩、ドライブ
Schedule
6:30起床
7:15出勤
7:40会社着
8:00国内外の取引先からのメール確認、返信など
10:00海外顧客からの注文、引き合いの対応
11:00受注内容の確認、及び販売契約書の作成
12:00昼食
12:45製品出荷(輸出)の準備。船の手配、書類準備など
14:00信用状の確認
15:00各種製品等の品質やサポートに関する、顧客からの問い合わせに対応

インタビュートップにもどる
ページの先頭へ