TAKEUCHIのひと TAKEUCHIのもの作りを支える
熱い魂がTAKEUCHIを語る

  • 先輩が語る「営業」の仕事
  • どんな個性も受け入れてくれる
      TAKEUCHIは懐の深い会社です。
  • 営業 T.K.
    竹内フランス勤務
    2013年入社

  • Profile Schedule
アジャスターの能力も求められる営業職
様々な調整を経てルートを繋げた時の達成感は格別です。
もともと営業職を希望しての入社。大学から大学院まで仏文科で、半年ほどの留学経験もあったので、いずれはフランスで仕事ができればと思っていました。ところが、入社して2年目で予想以上に早くフランスへの出向が決まって。正直、驚きました。
実際に行ってみると、留学と仕事では全然違う! 極端な話、留学した時はただ(授業で)座っていれば良かったんですが、仕事となるとそうはいきませんよね。自ら動かなければならないし、現地スタッフとのコミュニケーションの問題も出てきますから。
例えば、本社の方針では在庫は3台でというところを、現地では6台持っていたいという、そういう際のアジャスト(=調整)が難しいんです。同じ会社であり、同じ社員ではあるけれど、どちらについてもいけない。第三者的な視点で双方の意見を聞き、擦り合わせていく必要があるんですよ。現在フランスの社員は20名で、日本人は社長と自分だけ。あとはみんな現地スタッフなので確かに大変ですが、受注から出荷まで先々の展開を読みながらルートを構築できた時には本当に嬉しい!! 最高の達成感を味わえます。
どんな個性も受け入れてくれる―――
TAKEUCHIの懐の深さを、仕事を通じて日々実感中。
実は、就職活動をするまでTAKEUCHIのことは全く知りませんでした。それが、とある就職サイトでたまたま目に留まって、ちょっと気分転換に長野の企業でも〜 と軽い気持ちで説明会に出かけたのが入社に至るきっかけとなったんです。
私自身は良くも悪くもマイペースな性格。まわりを見回すと能力的にもかなり尖がっていたりして、個性的な人が多いんですが、どんな人でも受け入れてくれる、TAKEUCHIにはそういう懐の深さというか、度量の大きさがある。改めてそう感じますね。
もちろん、製品のクオリティはフランスに限らず、ヨーロッパ各国でも高く評価されていて、逆にお客様からTAKEUCHIの良さを教えられることもあるほど。だからこそ、私も自信を持って営業の仕事に取り組めるんです。
Profile

営業 T.K.
竹内フランス勤務
2013年入社

自分の長所マイペース
自分の短所マイペース
座右の銘考えたことがありません
仕事のポリシー平常心
趣味または特技本を読むこと
Schedule
6:00起床 起床は早めに
7:00出勤 道路が混雑する前に
7:30会社着 メールチェック
8:00朝会
9:00週報とりまとめ
11:00発送部品梱包
12:00社員食堂にて昼食
12:45本機撮影用バケット手配
14:00販促資料作成・内容確認
15:00該当月発注案検討
16:00海外からの連絡に対応
17:00必要に応じて残業

インタビュートップにもどる
ページの先頭へ