TAKEUCHIのひと TAKEUCHIのもの作りを支える
熱い魂がTAKEUCHIを語る

  • 先輩が語る「開発設計」の仕事
  • 電気系統は建機の神経
    大事なコントロール分野を扱っています。
  • 開発設計 K.T.
    開発部 開発設計二課勤務
    2012年入社

  • Profile Schedule
エンジンを心臓とすれば、電気系統は神経
大事なコントロール分野を担っています。
現在、担当しているのはミニショベルの電気回路と電気配線の設計です。入社して3年目になり、新機種の開発にも携わるようになってきましたが、主としては既存の機種のマイナーチェンジに関わるもの。操作性や機能面をレベルアップするための改良と言っても良いかもしれませんね。
例えて言えば、建機のボディが肉体ならエンジンは心臓、アタッチメントなどを動かす油圧関係が血管なら、操作・コントロールするための電気系統は脳や神経に当たるんです。一般にはあまり知られていないかもしれませんが、今の建機にはGPSもついているし、オートクルーズもある。ただ単に土木や建設の現場で作業をするクルマというのではなく、乗用車と同様の快適さであったり、扱いやすさであったり。これからそうした付加価値を高めていくのは私たち電気部門に負うところが大きいと思います。
現場で動く建機を目にした時は思わず感動!
チャンスがあるならアメリカへ。
当社には班長制度というのがあるんですが、私は現在、最年少の班長です。班というのは、ひとつの製品を作るための各部位それぞれにあるグループ。部下も2人いて、彼らを教えながら他の班と連携をとって仕事を進めています。
大学では情報工学を学んでいました。もともとモノ作りがしたかったので就職するならメーカーへと思っていたところ、就職担当の先生にTAKEUCHIを勧められたんです。それと、私の父親が仕事でよく海外へ行っていたので、自分もいつかは外国で働きたいという夢もあって。TAKEUCHIならモノ作りができるメーカーでもあるし、海外へ出るチャンスもあるというので、面接時からアメリカ駐在希望!とアピールしてきました。
実は先日、出張でアメリカへ行ったんですが、その時、自分が携わった建機が現場で実際に動いているのを見て、思わず感動しましたね。今度は駐在員としてもっと長期にわたって向こうで仕事がしたい。夢が実現する日を心待ちにしています。
Profile

開発設計 K.T.
開発部 開発設計二課勤務
2012年入社

自分の長所裏表がない
自分の短所反応が鈍い
座右の銘いまのところ模索中
仕事のポリシー周りに目を向けて取り組む
趣味または特技バレーボール、スノーボード、音楽鑑賞
休日の過ごし方家事 または上記の趣味
Schedule
6:50起床
7:20出勤
7:50会社着
8:00チームの朝礼
8:10開発機のレイアウト検討
10:00現場からの問い合わせも、設計業務と並行して対応
12:00食堂にて昼食
12:45打ち合わせ準備
13:00打ち合わせ(チーム会議)
15:00レイアウト検討の続き
19:30帰宅 アフターファイブは社会人サークルでバレーボール

インタビュートップにもどる
ページの先頭へ