TAKEUCHIのひと TAKEUCHIのもの作りを支える
熱い魂がTAKEUCHIを語る

  • 先輩が語る「開発設計」の仕事
  • 想像以上の仕事をさせてもらえて
    ありがたい反面、責任も痛感。
  • 開発設計 Y.N.
    開発部 開発設計一課勤務
    2014年入社

  • Profile Schedule
「動くモノ作り」という一貫したテーマ
大学時代からブレずにここまで。
大学での研究テーマは軟弱野菜の収穫機の開発。軟弱野菜というのは主にほうれん草なんですが、折れやすいし、葉っぱ同士も絡まりやすくて収穫するのが意外と難しい。そこで、人の手のように機械でも傷つけずに収穫できないかと、JAと共同で開発していました。
学生時代もそうでしたが、ずっとモノ作りをしたいと・・。それも、“動くモノ”を作りたかったんで、就職先には建機メーカーを選びました。中でもTAKEUCHIはミニショベルのパイオニアだと聞いて、ここだ! と。今現実にこうして働くことができて、自分の中ではブレずにきているなと思っています。
研究室の先輩の中にも建機メーカーに就職した方はいるんですが、「設計部門と工場が離れていてなかなか製造の現場は見られない」と話していました。でも、TAKEUCHIなら開発部の人間でも工場に行っていろいろ相談できるし、自分が設計したものがどうなっていくか実際に見届けられる。モノ作りを目指す人にとっては、そういう点が他メーカーに比べて大きな魅力だと思います。
想像していた以上のことをやらせてもらっている
ありがたい反面、責任も痛感しています。
今は入社前に想像していた以上に、いろいろなことをやらせてもらっています。たとえ一部であっても、自分が設計したものが実際のモノになるなんて、他のメーカーの新入社員時代では考えられないんじゃないかな。図面の段階で先輩からダメだしされることはありませんが、試験してみてうまく行かなければ何度でもやり直します。任されるからには、たとえ1年目だろうときちんと責任を持って最後までやり遂げなければなりませんから。
自分なりにどうすればお客様に喜んでもらえるか考えながら設計しているつもりですが、実際にはどうなのか。お客様の反応も直に知ることができたらいいですよね。同じ建機でも、これまでにない革新的なものは作れないかとか、建機だけでなく農機製作にフィールドを広げたらどうかとか、TAKEUCHIの未来の可能性をもっと広げていきたいですね。
Profile

開発設計 Y.N.
開発部 開発設計一課勤務
2014年入社

自分の長所ひとつの事に粘り強く取り組めること
自分の短所優柔不断
座右の銘Simple is Best
仕事のポリシー臨機応変
趣味または特技カメラ
休日の過ごし方ドライブ
Schedule
6:30起床
7:30出勤
7:50会社着
8:00朝はまず、チーム内でその日の日程等について連絡をするミーティングを行います
8:30設計業務
12:00会社の食堂で同期と昼食
12:00昼食
12:45午前中の仕事の続き
15:00設計業務
17:00帰宅。デスクワーク中心なのでジムで体を動かします

インタビュートップにもどる
ページの先頭へ