TAKEUCHIのひと TAKEUCHIのもの作りを支える
熱い魂がTAKEUCHIを語る

  • 先輩が語る「旋盤業務」の仕事
  • 部署を越えてひとつになれる
    野球部に入ってよかった〜と思える瞬間。
  • 旋盤業務 M.W.
    村上工場 機械二課勤務
    2005年入社

  • Profile Schedule
時には量産ではない特注品を手がけることも
それを完成させた時は最高!
小さな時から機械いじりが大好きで、よくプラモデルやラジコンを組み立てて遊んでいました。思えば、その頃にはもうモノ作りの面白さに目覚めていたんでしょうね。TAKEUCHIに入社して今年で10年、ずっと機械二課で旋盤業務についていますが、いまだに自分が作ったパーツが完成品の中でどう生かされているか、見ているとワクワクするんですよ。
今はNC旋盤と言ってコンピュータ制御による加工が主流。自分はそのためのプログラムを作ります。たまに昔の機種を使っているお客様からの依頼で、修理のためのパーツを個別に頼まれることがあるんですが、量産と違って結構難しい。でも、完成させた時は「やったーっ!!」て感じで。達成感があるし、最高に嬉しいですよね。 新人の頃には失敗もありましたが、当社には1年間のフォロー研修制度があるので、先輩にしっかり助けてもらえました。早いうちの失敗は良い経験。これから入社する人も失敗を恐れず、どんどんチャレンジしてほしいですね。
部署の垣根を越えてひとつになれる
野球部に入ってよかった〜と思える瞬間です。
自分はスポーツも好きで、小学生から野球を続けていました。もちろん、TAKEUCHIの野球部にも入っていますよ! 実は、当社の野球部って、千曲市代表として北信越大会に出場したこともあるほど。かなりの強豪チームだったんです。今、部員は20名くらいかな。自分は内野手でセカンドかショート、打順は1番か2番に入ることが多いですね。
野球部に入って良かったのは、自分の部署以外の人とも知り合えること。リフレッシュできるだけでなく、普段ほとんど行き来のない部の人と付き合えるし、情報交換もできる。何より一致団結してチームワークが生まれる。これは野球に限らず、どんなスポーツでも言えますよね。今は野球部員とマネージャーも募集中なので、新入社員で野球経験のある人や興味のある方はぜひ!!
Profile

旋盤業務 M.W.
村上工場 機械二課勤務
2005年入社

自分の長所協調性がある。人の意見に素直に耳を傾ける
自分の短所神経質
座右の銘夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ
仕事のポリシー経験のない新しいことを始めるときは過去を充分に学ぶことから知恵を得る
趣味または特技小学校から続けている野球
休日の過ごし方家族と出掛ける事
Schedule
6:40起床
7:00出勤
7:40会社着
8:00機械加工 旋盤作業やバリとり
12:00昼食
12:45機械加工 旋盤作業やバリとり
18:00帰宅

インタビュートップにもどる
ページの先頭へ