TAKEUCHIのひと TAKEUCHIのものづくりを支える
熱い魂がTAKEUCHIを語る

  • 先輩が語る「組立」の仕事
  • 自ら考え、動き、挑戦するものに
    チャンスは与えられる。
  • 組立 Y.T.
    本社第一工場 組立一課 勤務
    2015年中途入社

  • Profile Schedule
必ず正社員になる、という思いで
日々、スキルアップを図る。
自動車関連会社で正社員として働いていたのですが、これから先の自分の人生を考え、もう一度トライするなら今しかないと、TAKEUCHIに契約社員として入社しました。結婚して子どももいる中で思い切った決断ができたのは、「正社員登用試験」があると知っていたから。最初から、絶対に正社員になると心に決めて仕事に取り組みました。
もともと整備士の資格を持っていたこともあって、工具などについては問題がなかったのですが、とにかく作っているものが大きい。パーツも重量があり、締めるボルトの数も半端なくて、最初は指が痛くなって大変でしたね。それでも付いてくれた先輩が、単に作業工程だけでなく「こうやったらスムーズに入れられるよ」など、コツのようなものまで丁寧に教えてくれたので乗り越えることができました。その後は、自分に任された工程だけでなく前後の工程まで対応できるよう、自分から率先して動くことでスキルアップしていきました。
TAKEUCHIの
良いところがきちんと見えているか。
「正社員登用試験」は1年以上在籍している契約社員、派遣社員が受けることができます。試験内容は書類選考や筆記テスト、小論文、面接などオーソドックスなものでした。印象に残っているのは面接ですね。自分なりに「改善すべき点」など、さまざまな質問を想定して準備していったんですが、面接官に「工場の良いところを教えてください」と言われて、そうきたか!と。確かに、自分の中に「この会社のここが良い」と思える部分がなければモチベーションはあがりませんし、なにかを改善するにしても、「あれが駄目だから改善する」というよりは、「より良くするためにどうすればいいか」という視点で改善に取り組んでいくほうが、士気が上がると思うんです。
その視点は正社員になった今、チームをまとめていく上でとても大きな指針となっています。チームには、外国の方もいればパートさんもいます。立場や考え方はそれぞれ違うけれど、みんながチームのことを考えてお互いにフォローしあえるような、気持ちのいい環境を作り上げること。それが、これからの自分の責任であり、目標です。
Profile

組立 Y.T.
本社第一工場 組立一課 勤務
2015年中途入社

自分の長所真面目さ・人を思いやる気持ち
自分の短所些細なことも考え過ぎる
座右の銘努力は必ず報われる。もし報われないのであれば、それはまだ努力とは呼べない
仕事のポリシー丁寧な作業・仕事
趣味または特技バイクをいじる・乗る
休日の過ごし方子どもと遊ぶ
Schedule
6:00起床。小学校1年生の長男も一緒に起こします
6:50出勤。冬と雨の日以外はほとんどバイク通勤
7:40会社着
8:00朝礼
10:00生産工程で遅れの出ているところへのヘルプ
不具合の直し作業・現場の整理整頓・清掃・改善
12:00昼食
12:45生産工程で遅れの出ているところへのヘルプ
16:00現場の整理整頓・清掃・改善。
書類の確認
18:40退出

インタビュートップにもどる
ページの先頭へ